カート
ユーザー
商品一覧
コンテンツ

【お願い】代金引換でのお支払いの場合、お電話で購入確認をさせていただきます。

七尾市の和ろうそくは、伝統的な日本の技が生きている祭礼品として、また、和ろうそくの灯りに気持ちの安らぎを感じる仏壇の灯りとして、お買い求めいただいております。
【朱色/白色】【棒型】【1号】
【和ろうそく】朱50本/白50本(棒型1号)
1,070円(税込1,156円) 〜 1,400円(税込1,512円)
オプション 種類・価格 ▼
和ろうそくの色
購入数

【和ろうそく】朱50本/白50本(棒型1号)
1,070円(税込1,156円) 〜 1,400円(税込1,512円)
石川県七尾市で作られている伝統の灯 和ろうそく 棒型

●色は白・朱の2種類あります。(価格が違います)

●主原料:植物性の油(ハゼ、パーム) 芯は和紙と灯芯(イグサの髄)を使って一本一本、手で巻かれています。
●使用途中で炎がとても大きくなることがあります。それは黒く炭化した芯が残っているためですので、燃えないもので黒くなって残っている芯を切ってご使用ください
和ろうそくの温かみある炎は、心も鎮まり穏やかな空間を演出してくれます。まさに伝統の灯火です。
・長さ:約8cm
・入本数50本
・燃焼時間30分
・石川県七尾市で作られている伝統の灯です

【白/朱】【棒型】【1号】【50本】

【簡単な説明】
和ろうそくは、原料にハゼの実(果実から木蝋を採取できる資源用の作物として、日本に江戸時代の頃、琉球より持ち込まれた)使います。仏教の普及とともに、仏壇の灯りに使われますが、当初は、外国より持ち込まれた貴重品だったようです。それが国内でハゼの木が栽培され始め、国産の和ろうそくが普及しました。
洋ろうそくは、石油を原料として、パラフィンで作りますが、和ろうそくは、植物性油を原料としています。そのため和ろうそくは少し黄色かかった色をしています。宗教により朱の和ろうそくも一般に多く用いられています。
和ろうそくが売上NO1の一心でも石川県七尾市の和ろうそくをお取り扱いしています。近頃では、ガイドブック片手に、七尾市の和ろうそくをお買い求めになるほど、伝統的な日本の技が生きている祭礼品として、また、和ろうそくの灯りに気持ちの安らぎを感じる仏壇の灯りとして、お買い求めいただいております。

この商品を購入する